購入したゲーミングPC紹介&用語解説│初心者はBTOパソコンが吉

スポンサードリンク




少し前になりますがゲーミングPCを購入したので紹介したいと思います(^^)

私もまだまだ初心者を抜け出せていませんが、少しでも購入を考えている方々のお役にたてたらと思いこの記事を書いています。

私自信PCを購入するまでは、コンシューマ機でFPSなどのゲームをしていてPCゲームにはなかなか手が出せずにいましたが、その手のジャンルに詳しい友人の勧めで思い切って購入しました(-_-;)

購入時はスペックやデバイスのことなどわけのわからぬまま言われるがままって感じでしたが、購入して実際にプレイしてみるとその快適さに驚きました(^^)

 

コンシューマ機では出来ないことが出来るようになる

レインボーシックスシージはコンシューマ機でプレイしていてPCに乗り換えたのですが、もうヌルヌルで全然感覚が違います(笑)

PCでしかできないPUBGもプレイしています(^^)

ゲーミングPCを持っていない友人から「いいなー!やりたいなー!」ってうらやましがられます(^^;)

最近ではARKにハマっていてよくプレイしますが、こちらもPCだけの特権としてサーバーを建てて自分好みに設定を細かく変更してプレイできます(^^)

 

とまぁゲーミングPC自慢はこれぐらいにしておいて私が購入したPCを紹介したいと思います(^^;)

 

ドスパラでBTOパソコン購入

私はゲーミングPCをドスパラで購入しました。

いわゆるBTOパソコンというものです(^^;)

 

よく自作PCとかを聞きますが初心者の人がいきなり自作でPCを組み立てるのはかなり大変だと思います(-_-;)

昔は自作PCのほうが安く組立てられたみたいですが最近ではBTOショップもがんばっていて、同じスペックでも価格的にそこまで差がでなくなってきています。

 

私もそうでしたがPCの知識がない初心者の方はこのBTOショップでPCを組立ててもらって購入するのが1番安心だと思います(^^)

 

BTOとは?

BTOとはBuild To Orderの略で、受注生産のことを言います。

家電量販店などで販売されている既製パソコンに比べて細かくパーツ構成をカスタマイズすることが可能なので予算や用途など、自身の希望に応じて自由に選べます(^^)

 

自作PCの醍醐味は自分で選んだ好きなパーツを組み合わせていくことですが、BTOパソコンでもパーツは自分で選べて組立てはショップに任せれるので作業の手間がかかりません。

しかもBTOショップでは品質の保証やパーツ同士の相性を確認した上でおすすめのカスタマイズパーツが提供されているので動作不良などのトラブルを回避することが出来ます。

購入後のサポートも充実しているので安心です(^^)

 

スペック紹介

さてここでは私が購入したゲーミングPCのスペックを紹介していきます。

ドスパラ ガレリアXF

  • CPU:intel Core i7-7700k
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GB×2/デュアルチャンネル)
  • グラフィックボード:GeForce GTX1070
  • ストレージ:SSD 640GB  HDD1TB

ざっとこんな感じです(^^)

(メモリは標準から8GB増設しています)

初心者の人はCPUとかメモリとか言われても・・・(-_-;)

って感じだと思うのでそれぞれ簡単に解説していきます(^^)

 

CPUとは?

CPUとはCentral Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)の略(プロセッサーともいう)で中央処理装置という意味になります。

コンピュータの制御や演算や情報転送をつかさどる中枢部分で、人の体でたとえると「脳みそ」あたります(^^;)

PCになくてはならないものでCPUの性能によってそのパソコンの性能や価格に大きく影響してきます。

 

メモリとは?

メモリとはCPUが処理を実行するための作業スペースです。

よく机とたとえられますがすごくわかりやすい例えだと思います(^^)

机が大きければそれだけ書類をたくさん並べて作業ができるので効率が上がるということです。

要するにメモリが大きいほど同時に多くのソフトを立ち上げて作業ができるということになります(^^)

ただしメモリをギリギリまで使ってしまうと動作が遅くなったり不具合が起こりやすくなるので注意が必要です。

 

グラフィックボードとは?

グラフィックボードとはパソコンに映像をキレイに映し出す部品です。

グラフィックボードが搭載されていなくても画面に映像を映し出すことは可能ですが、3Dゲームなどを楽しみたい場合や高品質な映像を映したい場合に必要になります。

他にもGPU(Graphics Processing Unit/画像処理装置)という用語がありますが、グラフィックボードの「脳みそ」のことで、CPUに比べて大きな量のデータを処理する能力が高いのが特徴です。

GPUの性能が高いほうが再生できる画像の品質は高くなるということになります(^^)

 

HDDとSSDとは?

HDDとはハード・ディスク・ドライブのことでPCのデータを保存する部品のことをいいます。

SSDとはソリッド・ステート・ドライブのことでHDDと同じくデータを保存する部品ですがHDDとSSDではそれぞれ特徴が異なります。

 

【HDD】

  • ディスクにデータを読み書きする
  • 安価で大容量を確保できる
  • SSDに比べると処理速度が落ち、動作音も目立つ

 

【SSD】

  • メモリーチップにデータを読み書きする
  • 高速で動作音も静か
  • HDDに比べると高価で容量が少なくなる

 

最近のPCには両方とも搭載されていると思います。

特にゲームをする際にはSSDの高速処理は必須になってきます。

 

ドスパラの最新機種紹介

私がゲーミングPCを購入した時はその時の最新の機種だったのですが、ちょっとした間に型落ち機種になっていました(-_-;)

時代の流れは速いですね(笑)

それでもARKなど重いゲームでも余裕で動いてますよ!!!(笑)

 

ということで、現在ドスパラで扱われている最新の機種を紹介したいと思います(^^)

ガレリア ZV

  • CPU:intel Core i7-8700k
  • メモリ:8GB DDR4 SDRAM
  • グラフィックボード:GeForce GTX1070Ti
  • ストレージ:SSD 640GB  HDD2TB

こちらの機種が現在売れ筋NO.1になっています。

スペック的にメモリ以外のすべてにおいてパワーアップしていますね(^^;)

これから購入されるかたはこちらのほうがお得感がありますね(^^)

 

まとめ

最後までお付き合い頂きましてありがとうございます(^^)

今回はゲーミングPCを検討されているかた、コンシューマ機から乗り換えたいけどなかなか踏み出せないかたに向けて私が購入したPCの紹介と用語の解説をさせて頂きました。

 

とはいえ安い買い物ではないのでなかなか踏み出せませんよね(-_-;)

実際私もそうでした(笑)

ですが今なら(2018年4月1日まで)パソコン全品48回まで分割手数料無料のキャンペーン中です(^^)(対象条件あり)

かくいう私も以前あったキャンペーンに申し込んで分割で購入しております(笑)

 

是非この機会にチェックしてみて下さい(^^)

 

 

総合評価:

 

その他ゲーミングデバイスの記事はこちらです(^^)⇩