使用中のゲーミングモニター紹介│応答速度とリフレッシュレートの解説

スポンサードリンク




どうも。

へんべぇです(^^)

お世話になっております!

 

今回は現在使用しているゲーミングモニターについて紹介していきたいと思います(^^)

現在は2台のゲーミングモニターを使用していて(俗にいうデュアルモニターってやつ)非常に便利に使えているので是非おすすめします(^^)

ゲーミングモニターの応答速度やリフレッシュレートなどの性能についても解説していきますので良かったら最後まで見てやって下さい(^^;)

 

PS4用モニターとして購入

テレビ以外で初めて購入したモニターはPS4をプレイする時用に購入したASUS ゲーミングモニター 23型フルHDディスプレイでした。

 

こちらのゲーミングモニターを選んだ理由としては

  • ゲーム専用のモニターとして最低限の性能
  • 出来るだけ手頃な価格でコスパの良いもの
  • Amazonレビューの評価が高いもの

このモニターの特徴としては応答速度が1msと高速でFPSや格闘ゲームなどに最適だということです。

実際にFPSゲームを中心にプレイしてみた感想としては、なんの問題もなく非常に快適にPS4を楽しむことが出来ました(^^)

それまで使っていたテレビのモニターと比べると、画面表示のキレが良くなったように感じました。

やはり応答速度が関係しているのでしょうか?

 

応答速度とは?

応答速度とは、画面の色の変化する速度のことです。

FPSやアクションゲームなどの激しく画面が切り替わる場面でも、通常のモニターなら残像が目立ち易くなりますが、ゲーミングモニターなどの応答速度が速いモニターでは残像を抑えてはっきりとした映像を映し出すことが可能になります。

ネットサーフィンや動画鑑賞などに用いるのであれば、テレビモニターなどで十分だと思いますが、FPSなどの画面の映り変わりが激しいゲームをプレイする際は応答速度の速いモニターを使ったほうが余計なストレスなく快適にプレイできると思います(^^)

 

ゲーミングPCと同時に購入したPCゲーム用モニター

先日の記事でも紹介したゲーミングPCと同時に購入したのがBenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411P 24インチでした。

ゲーミングPC購入時には上記で紹介したASUSのモニターをすでに所持していて特に不満もなかったので、新たにモニターを購入必要はないと思っていました(-_-;)

ですが友人の教えや自分で調べてみた結果、やはり必要だということになりました(笑)

せっかくPS4に比べて性能の高いゲーミングPCを購入するのにモニターがそのままだと、その性能を活かしきれないからです(^^;)

ということで購入したのBenQのゲーミングモニターでした。

このモニターを選んだ最大の理由はリフレッシュレートが144Hzだということです。(応答速度は1ms)

既存のASUSのモニターは144Hzに対応しておりません(^^;)

PCの性能を活かすためにどうしても144Hzのモニターが欲しくなってしまいました(-_-;)

 

 

リフレッシュレートとフレームレート

モニターやPCを選ぶ際によく出てきた用語として「リフレッシュレート」と「フレームレート」という言葉があります。

私もまだまだ初心者なので改めてこの2語について調べていきたいと思います。

 

リフレッシュレート

リフレッシュとはモニターの画面を1秒間に更新(リフレッシュ)する回数を表します。

単位として通常「Hz」が使われます。

モニター選びに直接関係があるのがこのリフレッシュレートになります(^^)

 

フレームレート

フレームレートとは動画の1秒間に処理されるフレーム数(静止画数、コマ数)を表します。

単位は通常「fps」が使われます。

こちらはゲーム機本体やPCの性能に関する用語なのでモニター選びには関係ありません(^^;)

 

 

現在はモニター2台(デュアルモニター)で非常に便利

冒頭でも記載しましたが、現状は上記のモニター2台とも使用しております(^^)

モニターを2台並べてそれぞれの画面上でマウスポインタを上下左右に動かしてみると、BenQのモニター(144Hz)のヌルヌル感がすごくわかります(^^)

 

当初はモニターを2台も使う意味が良くわからなかったのですが、使っていくうちにその便利さを実感できました。

ゲームをする・・・BenQの144HzモニターでプレイしてASUSモニターの方で攻略情報やマップを観る。場合によってはyoutube垂れ流し(笑)

ブログを書く・・・BenQモニターで記事編集してASUSモニターで資料を映す。

動画作成・・・編集画面はBenQモニターで、プレビュー画面はASUSモニターと分けれて、作業スペースが広くなり効率UP

こんな感じで今や無くてはならない2台になってしまいました(^^;)

 

240Hz?!リフレッシュレートの限界はどこ?!

BenQの144Hzを体験したとき

「なんじゃこのヌルヌルは?!」

と驚きましたが、現在販売されているモニターの中には240Hzのものがあります。

 

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2546 24.5インチ

144Hzでも十分ヌルヌルに感じたのに240Hzって一体どうなるのでしょうか?(笑)

レビューで「ヌルンヌルン」と表現されている方もおられました(笑)

実は私ゲーミングPC購入する際に店頭に置いてあった240Hzを体験したことがあります。

実際にゲームをプレイしたわけではなくデスクトップ上でマウスポインタをグルグルしただけだしたが確かにヌルヌルでしたが・・・(^^;)

そのころは144Hzのモニターでさえ経験したことがなかったので、今改めて体験するとそのすごさがわかるのだと思います(^^)

いつかは我が家にも240Hzモニターを導入したいと思います(^^)

 

まとめ

今回はゲーミングモニターについて実際私が使用している2台を紹介させていただきました。

ゲームをとことんまで突き詰めて環境を整えたいなら、やはりゲーミングPCを購入して144Hzやさらには240Hzのモニターでプレイしていただきたいと思います(^^)

PS4などのCS機で十分だという人は逆に144Hzのモニターを購入してもゲーム機本体のスペックが追い付かないので今回紹介したASUSモニターなどで十分楽しめると思います(^^)

 

私も実際当時PS4で一緒に遊んでいたフレンドにゲーミングPCとモニターを勧めたところ、ガチでゲームをやっている人ほど食いつきが半端なかったです(笑)

人それぞれだということはもちろんですが、一度体験したらもう元へ戻れない魅力満載な世界へ一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?!