ついに空気清浄機を購入したのでレビューします!適用床面積もOK!

スポンサードリンク




空気清浄機の購入検討記事にも購入理由を記載しましたが、先日我が家にベイビーが誕生しました(^^)

これを機に空気清浄機を購入しましたのでレビューしていきたいと思います(^^)

せっかくなので購入検討記事で書いた【選び方のポイント】に沿ってレビューしていきたいと思います(^^)

適用床面積については前回の購入検討記事で解説していますので気になる人はコチラをご覧ください⇩

 

結局安定のシャープに決定

寸前まで迷いましたが結局「THE空気清浄機」のシャープのKI-GX75-Wにしました(^^;)

今回もAmazonでの購入になりましたが(Amazonなんでも売ってスギw)

レビューの評価も高く空気清浄&加湿の適用床面積も申し分なかったので購入に至りました(^^)

 

最新モデルではなく1年前の型落ちモデルにした理由

実は今回購入したKI-GX75-Wは最新モデルではありません(-_-;)

検討記事でも書いていますが最新モデルへのこだわりはもともとありませんでした。

それより機能面を重視するのと予算を出来るだけ抑えて購入するつもりだったので、予定通りっちゃあ予定通りですw

では最新のモデルと今回私が購入したモデルの価格と機能面を比較したいと思います⇩

 

最新機種との比較

最新機種がKI-HX75(2017年モデル)で私が購入したのがKI-GX75(2016年モデル)になります。

まずは価格の比較です(参考は2018/05/08現在のAmazon価格です。)

  • KI-HX75(2017年モデル)・・・49,783円
  • KI-GX75(2016年モデル)・・・34,289円

最新モデルのほうが15,000円程度高くなっています(^^;)

 

次に機能面の比較をします⇩

シャープHPより引用

上の比較表で異なるのは一番下の待機時消費電力の欄だけで他の機能は同じになります(^^;)

他に大きな違いと言えば、最新のKI-HX75には「COCORO AIR」という人工知能+クラウドの機能が付いています。

残念ながら私が購入したKI-GX75にはこの機能は搭載されていませんが、価格差の15,000円を出してまでこの機能がいるかと考えた時に必要ないと判断しました(^^)

ちなみに少し違いますが私が購入したKI-GX75にも「ココロエンジン」という機能が搭載されています(詳細は後述します⇩)

 

購入検討記事の【選び方のポイント】に沿ってレビュー

さて、ここからは購入検討記事で書いた【選び方のポイント】に沿ってレビューしていきたいと思います(^^)

 

適用床面積

  • 空気清浄・・・~34畳(56㎡)
  • 加湿空気清浄・・・~28畳(46㎡)

ちなみに清浄時間は・・・

  • 空気清浄・・・8畳/9分
  • 加湿空気清浄・・・8畳/10分

 

デザイン

検討記事でも書きましたが、できれば白が良いと思っていたのでバッチリです(^^)

モニターの感じもおしゃれで気に入ってます(^^;)

 

手入れ

手入れまでの期間と内容をまとめてみました(^^)

※期間については使用状況や環境によって変わります


【月に1回】

  • 加湿フィルター・トレーの水洗い
  • 本体・後ろパネルの拭き掃除
  • センサー部のホコリを掃除機で吸い取る

【半年に1回】※24時間使用している場合

  • ユニット(電極部)の掃除

【1年に1回】

  • Ag+イオンカートリッジの交換

【約10年に1回】

  • 加湿フィルターの交換
  • 集塵フィルターの交換
  • 脱臭フィルターの交換

【吹出口からのニオイが気になる時】

  • 集塵フィルターの掃除
  • 脱臭フィルターの掃除
  • プレフィルターの掃除

【ゴミ捨てランプが点灯したとき】※24時間運転で6か月ほど

  • ダストボックスのゴミ捨て。

【ユニット交換ランプが点滅したとき】※24時間運転で2年ほど

  • ユニットの交換。

書き出してみるとなんかめんどくさそうですが、とりあえずは1か月に1回軽く掃除しとけばOKっていうことでしょ?!(笑)

なんとかやっていけそうです(-_-;)

 

 

価格

最新モデルとの比較でも記載しましたが、Amazonでの購入時の価格は、34,289円でした(^^)

 

機能

パワフルショット運転

これはソファーやベッド、カーテンなどに付着したニオイが気になる箇所にプラズマクラスターイオンを集中的に放出してキレイにしてくれる機能です(^^)

 

 

PM2.5モニター

PM2.5などの微粒子の多さをモニターの色で表示してくれる機能です。

ちなみにタバコや線香などの煙、自動車の排気ガス、調理時に発生する煙などもPM2.5に含まれます(^^;)

 

・プレフィルター自動掃除機能

プレフィルターにたまったホコリを自動で掃除してくれる機能です。

手入れの手間が省けて助かります(^^)

 

・ワイドスピード循環気流を応用した3つの運転

「しっかり循環おまかせ運転」・・・5つのセンサーで見張って賢く運転。空気がキレイでも定期的に空気を循環する運転モード。

「パワフル吸じん運転」・・・料理後のニオイ、部屋干し時のニオイ、帰宅時の花粉対策など室内の空気の汚れを素早くきれいにしたいときに便利な運転モード。

「掃除アシスト運転」・・・掃除機をかけた後などの舞い上がるホコリを効果的にきれいにしたいときに便利な運転モード。

 

・ココロエンジン搭載

お部屋の状態や使い方に合わせたアドバイス、親しみのある挨拶や声掛けなど、ココロエンジンが音声で心配りをしてくれる機能です(^^)

 

まとめ

さて、少し長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

購入してから早速使っていますが、使い始めた時1つビックリしたことがあります(-_-;)

機能の紹介でも書いていますが、この空気清浄機しゃべるんです!w

電源をいれたらいきなりしゃべりだしたんでドキっとしました(笑)

今ではもう慣れましたが、私が部屋に入った瞬間に「空気の汚れを検知しました」って言うのやめてもらっていいですか?!(笑)